Linux Personal Workstation/Linux パーソナルワークステーション

■Vine Linux3.2対応のリリース 1.5 を公開しました。

Menu

00278983
from
2005/03/09
お知らせ
2011/06/18 あまりに古くなったので、ダウンロードを終了しました(今更需要は無いと思いますし)。
2007/02/02 Vine Linux 4.1 のリリースが決定しましたが、 対応は未定です(ただいまモチベーション 0 なので…)。
2006/09/03 Vine Linux 4.0beta がリリースされましたが、4.0 の対応を行なうか、 4.1 のリリースまで待つかは未定です(完成度によって考えたいと思います)。
2005/11/04 某社から 万が一(?)出せたときのためにと少し用意しておいた索引があるので、 残り作業を冬にできたら次をリリースしたいと思います。
それから引続き出版社様募集中です。現状の出版業界では なかなか難しいと思われますが、宜しくお願い致します。
2005/09/21 1.5 Vine Linux 3.2 に対応した 1.5 をリリースしました(1.3, 1.4 は欠番です)。
2005/09/17 1.3β2 Vine Linux 3.2rc2 にすり合わせた 1.3beta2 をリリースしました。 執筆環境も Vine Linux 3.2rc2 になったので、 組版が若干変化しているかもしれません。 気づいた範囲では修正を終えたので、 問題が無ければ 1.3 か出世して 1.5 でリリースする予定です。
2005/09/03 1.3β Vine Linux 3.2 対応の準備として、Vine Linux 3.2beta にすり合わせ中の 1.3beta 系列をテストリリース中です。
2005/08/27 1.3α Vine Linux 3.2 対応の準備として、Vine Linux 3.2beta にすり合わせ中の 1.3alpha 系列をテストリリース中です。
2005/08/23 1.2 細かい修正がたまってきたので、1.2 をリリースしました。 シェルスクリプトに関しては煮詰まってしまったので 未定とさせて頂きます_o_
2005/07/11 回線変更に伴う工事のため、13日から3,4日間Webページを参照できないことがあります。
2005/05/09 1.2β2 さらに予定と全然違うのですが、 8.2.3 章を追加した 1.2β2(というよりsnaoshot)をテストリリースしました。 1.2 は、もうしばらくお待ち下さい。
2005/05/02 1.2β1 予定と全然違うのですが、 フィルタ関連のコマンドを追加した 1.2β1 をテストリリースしました。 GW中少し更新して、GW終了を目安に 1.2 を fix しようと思います。
2005/04/23 自家製のカウンタで試験運用してきましたが、 具合が良いようなのでこちらに切替えることにしました。 旧カウンタは、webalizer のデータより 10000 もカウント洩れがあったのと、 時々リセットがかかったためです(どうもflockをかける場所が悪いようでした)。
2005/04/15 1.1a 細かい誤植を修正しました。
2005/04/15 神戸大学発達科学部人間環境学科数理情報環境論コース殿にて、 マニュアルとして採用されました。
2005/04/04 1.1 1.1 をリリースしました。 変更点は、Appendix C の追加、表紙、okumacro の使用等です。 キートップ等が見易くなっていると思います。
2005/04/01 海上自衛隊警務隊殿において、教育資料として採用されました。
2005/04/01 カウンタに、ミラー2 の 3月分集計を加算しました。
2005/03/31 リリース 1.1 追加候補 Appendix を更新しました。数日様子を見て、 本文にマージします。 今後の予定として、 リリース 1.2 でシェルスクリプトやジョブコントロールについて簡単に 説明したいと思いますが、いつになるかは判りません。
2005/03/25 山口大学 工学部知能情報システム工学科殿にて、 新入生用マニュアルとして採用されることになりました。
2005/03/23 このページのレイアウトを変更しました。
2005/03/21 1.0f  細かい誤植を修正し、一部の表記を変更しました。
2005/03/19 4 月より、東京電機大学 総合メディアセンター殿にて、 学内向けに公開されることになりました。
2005/03/15 しおり付バージョンを追加しました。内容は 1.0e から変更ありません。
2005/03/14 1.0e 細かい誤植を修正しました。誤植に関しては、ほぼ修正が終わった筈です。
2005/03/13 P.162 の df -h の出力が、df -k のもの になっていました。実際に実行して確認して下さい(1.0eで修正します)。
2005/03/12 1.0d 細かい誤植を修正。コマンド名間違いが数ヶ所あるので、 気になる方はダウンロードして下さい。
2005/03/10 1.0c 細かい誤植を修正。
2005/03/10 1.0b /usr ディレクトリの説明を「User Service and Routines の省略」に修正。
2005/03/09 1.0a [改訂版]LaTeX2e 美文書作成入門(技術評論社,2000年)を[改訂 第3版]LaTeX2e 美文書作成入門(技術評論社,2004年)に修正。
2005/03/08 1.0 初版
この本について

ここで紹介する本は、Linux Personal Workstation(Linux パーソナルワークステーション) です。この本は、フリーの Linux 入門書で、 概要説明〜インストール〜基本操作(コマンド、X Window System、 ハードウェア使用法、システム管理基礎)について述べたものです。 Vine Linux 3.1/ix86 に基づいていますが、 一般的な Linux でも適用出来る部分は多いものです。 また、コマンドや X 関連については、UNIX にも適用できるでしょう。

利用方法

PDF 形式で配布していますので、 Adobe Acrobat 等を利用して参照してください。 A5 で約 300 ページあります。SXGA 以上のモニターで表示するか、 2 ページ/A4 一枚でプリントアウトすると読み易いでしょう。 申し訳ありませんが、HTML 版等の予定はありません。

利用上の注意

本書は個人及び学術利用においてのみ、ご利用頂けます。 ダウンロード数を把握したいので、再配付は出来るだけ御遠慮下さい(もし学 術機関でまとめて配付したい場合は、連絡を頂ければ幸いです)。 判断がつかない場合は、お問い合わせ下さい(商用利用以外は大抵問題ありません)。

免責

本書の内容に不備があった場合でも、 一切責任はおいません。 あくまで自己責任で御利用下さい。 また、内容に関する問い合わせも受け付けられません。

ダウンロード

ダウンロードは終了しました。

おまけ1: Vine の由来とは?

時々、Vine は何を意味するのかと聞かれます。Vine は、 ロゴマークからも判るように、ブドウを表しています。 ブドウの一粒一粒が人間で、開発チームやコミュニティが一房、 そしてそれらが一本の木になっていることをイメージし、 プロジェクトの IRC チャネルで提案、 ワイン好きが多かったのか承認されたわけです (ちなみに flatout というのも提案しましたが、 即時却下でした-_-;;)。

では、この vine という単語を何故思い付いたのか? 実は この単語、「吸血姫 美夕」という漫画のセリフに出てきたのです。 音が良かったので気に入り、 ちょっと調べたら前述の意味があったのでマッチするかなと思い、 提案したわけです。ちなみに漫画中での意味は、ブドウではなくて蔓でした。 ですから、本当の由来は蔓ということになります。そして、吸血姫 美夕を読んでいなかったら、全く別の名前になっていたことでしょう。

おまけ2: 何故 A5 版なのか?

PDF のリーダによっては判り難いのですが、本書は A5 版で組版しています。これは、RunRun の一版/ニ版と同じです(三版は CD-ROM の枚数の都合で B5 になっています)。最初、A4/B5/A5 と色々試した のですが、読みながら操作をする場合、A5 が無難であろうと言うことで、こ のサイズに落ち着いています。

連絡先

バグレポート等の御連絡は、lpwbug02@lain.org まで、お名前を書いてお願い致します(@は書き換えて下さい)。

なお、この本を出版しても良いという出版社様がいらっしゃ いましたら、御連絡を頂ければ幸いです。前身である RunRun Linux の販売 実績については、お問い合わせ下さい。

羽根 秀也